視覚的に解りやすい汚染地図(更新)

アルゴリズムを用いて
数値解析した地図。
色の濃淡で客観的に把握しやすいと思います。

 

1枚目は虹色コンター。
2枚目は0.2μSv/hと10.2μSv/hを強調。
3枚目は測定地点のマップ。

 

ソースは早川先生と同様にnnistarさんのデータ。
スケールは対数表示、左側に対応するμSv/hを表示。
測定地点のポイントが密なほどコンター描写(補間)の信頼性が高い。